埼玉県 ふじみ野市 東武東上線 ふじみ野駅 西口 徒歩12分 予約制女性専用アロマサロンです。

緩和ケアとは?

緩和ケアとは?

緩和ケアは、生命を脅かす疾患による問題に直面する患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的、心理的、社会的な問題、さらにスピリチュアル(宗教的、哲学的なこころや精神、霊魂、魂)な問題を早期に発見し、的確な評価と処置を行うことによって、 苦痛を予防したり和らげることで、QOL(人生の質、生活の質)を改善する行為である、としているのである。(2002年WHO(世界保健機構)定義)

Wikipediaを参照すると定義として以上のようなことが記載されています。

定義文につづいて以下のような記述も

  • 痛みやその他の苦痛な症状から解放する。
  • 生命(人生)を尊重し、>死ぬことをごく自然な過程であると認める。
  • 死を早めたり、引き延ばしたりしない。
  • 患者のためにケアの心理的、霊的側面を統合する。
  • 死を迎えるまで患者が人生をできる限り積極的に生きてゆけるように支える
  • 患者の家族が、患者が病気のさなかや死別後に、生活に適応できるように支える
  • 患者と家族のニーズを満たすためにチームアプローチを適用し、必要とあらば死別後の家族らのカウンセリングも行う。
  • QOL(人生の質、生活の質)を高めて、病気の過程に良い影響を与える。
  • 病気の早い段階にも適用する。

緩和ケアは癌だけではなく、そしてご本人だけではなくご家族にも

 上記の定義文を見ると、生命を脅かす疾患となっていて決して癌に限定されたものでもありません。そして問題に直面する患者とその家族となっていて、その範囲はご本人だけではなくご家族にも適用されるものなのです。
 そしてターミナルケア(終末ケア)だけではなく早期から始めることもできます。

 希望を失わずに、日々の生活を充実したものにすることは、病気になられた方を見守るご家族こそ十分にケアが必要と思います。

 自分が元気でないと人には優しくできないですものね。

ご自身のケアにもご利用ください。

 ご家族に具合の悪い方がいらしゃると、心配で自分のことは二の次になりがち・・・。でも是非ちょっと立ち止まって考えてみてください。

 看病してもらうほうも自分の所為でご家族が疲れ果てるのを見るのは本意ではないはず。なので是非電池切れを起こす前にご自身のケアも行ってくださいませ。

 これは私の経験で気づいたことです。

 もしよろしければ、看病などで感じる日々の思いもお話くだされば、お伺いいたします。人にお話をするだけでご自身の気持ちの整理にもつながります。

 普段は精一杯頑張って愚痴を言えない環境なら、尚更です。

 そんな時にアロママッサージは、心身ともにリラックスし再充電にぴったりです。是非ご活用くださいませ。

ご予約は・・

ご気軽にご相談ください

お問い合わせフォーム・メール(pukalani♪jcom.home.ne.jp)・お電話(080-5084-0764)などでお気軽にご連絡ください!

上記メールアドレスの♪を@に変更して送信してくださいませ。

アロマトリートメントの出張も承っております。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional