埼玉県 ふじみ野市 東武東上線 ふじみ野駅 西口 徒歩12分 予約制女性専用アロマサロンです。

アロマセラピーの楽しみ方

アロマセラピーの楽しみ方

折角なのでどんどん・ザブザブ手軽に精油&アロマに親しんでいただける方法を書いて行こうと思います。
本に書いてあることより、少々乱暴な事も書いてあるかもしれませんが、あくまでも私の体験談です。体質・体調は人それぞれなんで、参考程度にみてくださいね。

一番簡単な方法

 まずは精油ティッシュこれだけ!
 それでも結構いろんな事ができますよ。

まずはティッシュに好きな香りを1滴ふりかけて・・・。
  1. 顔の周りにひらひらとさせる。これだけで気分が変わります。
    例えばペパーミントなら眠気ざましや乗り物酔い止めに
  2. 小さく折りたたんで精油のついている部分を肌に触れないようにしてマスクに入れる
    例えばユーカリなどこれをすると呼吸がラクになります。風邪や花粉症の時に。
  3. 寝る時に枕元に置く。例えばラベンダーなどを使うとぐっすり安眠効果♪
  4. 小さく折りたたんで精油のついている部分を肌に触れないようにして胸元に入れる。これで香水代わりに♪

 ねっ?これだけでもいろいろできるでしょ?
 でもこれでは、何だか洒落っ気が無くてアロマセラピーやってる気がしない!という場合は・・。

最低限これだけあればOK

アロマを楽しみたい!でも何を揃えればとお悩みの場合は以下の4つがあればたいていの事ができてしまいます。

  1. 精油(好きな香りを2,3種類)
  2. アロマポッド
  3. キャリアオイル
  4. スプレーボトル

どんなもの?というイメージはこちらを見てくださいね。

芳香浴

アロマの中で一番ポピュラーに楽しめるのが芳香浴。精油の性質の揮発性を活かして香りを楽しみましょう。
精油の香りの情報が鼻から脳に伝わり、気分を明るくしたり、自律神経のバランスをとったり、ホルモンバランスもとってくれます。

ユーカリやティートリーを使えば空気清浄・風邪予防にも。
芳香浴を楽しむのには精油と以下のものの中でお好みのものがあればいいと思います。

  1. アロマポット
    お皿の部分にお湯と精油を入れ、ロウソクで温めて拡散するものです。ゆったりした時など、ロウソクの炎を見ていい香りをかぐだけでも穏やか気持ちになります。
    案外早く蒸発するので空焚きにならないよう、また火が燃え移らないようにカーテンなどの側におかないように気をつけましょう。
  2. アロマランプ
    コンセント式になっていて原液をお皿のところに入れるタイプのものです。火を使わないので比較的安全でコンパクトなものが多いので、トイレや寝室におすすめです。
  3. アロマデヒューザー
    最近いろんなものが出ていますねー。熱を加えず振動で拡散するもので、熱を加えないので香りが比較的シャープに本来の香りが漂います。ミスト状するものもあるので、マイナスイオン効果も♪加湿器で精油をプラスできるのもいいですね。
  4. 紙コップ
    よく本などに芳香浴はマグカップを使ってもと書いてありますが、使った後はベタベタするし、香りが残ってそのマグカップは結局芳香浴専用になってしまうので、紙コップのほうが手軽かも。エコでは無いですが・・。でも会社などでいらっとした時や出張の時にはとっても便利です。


    サロンではこれを使っています。
    ちなみにサロンではこの↑デヒューザーを使っています。スピーカー機能もあるので、ipodをつなげてトリートメント中に流す音楽と水の音・アロマの香り・・なかなか快適です♪

お風呂

気分転換に抜群なのはお風呂で使う方法だと思います。
入浴剤もいろんなのがあって楽しいのですが、あの色や入っている科学成分が気になるという方には、おすすめです。
お風呂でも結構いろんな使い方があります。

  1. 直接原液を湯船
    一番お手軽ですが、精油は水やお湯にはほとんど溶けません。なので、よーーっくかき混ぜてから浴槽に入ってください。香りを楽しむのが目的なので、ほんの2,3滴入れれば充分だと思います。
    ちなみにこの方法で私がやって、失敗したなぁーと思った精油はレモングラス・レモン入れすぎたのか、いろんなとこ(特に柔らかい部分)がヒリヒリピリピリで折角のお風呂に入っていられなくなりました^^;
  2. 直接原液を浴室の床
    これはシャワーの時におすすめです。二日酔いの朝など熱めのシャワーをで充分蒸気をたてながら入ると効果抜群です。
    おすすめの精油はグレープフルーツ・ローズマリーです。
  3. お風呂用アロマクラフトを作って使う
    お塩・重曹・日本酒などに精油を混ぜてお風呂に。作る楽しみと使う楽しみの一挙両得。
  4. マッサージをオイルを身体に塗ってお風呂に入る
    私のイチオシです!本によってはバスオイルを直接湯船にと書いてある本もありますが、これはお風呂掃除が結構大変なので、身体にぬって入るがいいかもと思ってやってみたら、あまり汗のかかないほうなのですが、この方法をやると汗の出方が違います!肩こりの時にはデコルテへ、ストレスが溜まったときにはみぞおちへムクミが気になる場合は足の付け根にとぬる場所を変えるとお風呂の水圧で、マッサージ効果も。是非お試しください。

アロマスプレー

こちらも用途によっていろいろな精油で作っておくと便利です。

アロマスプレーの作り方

  • 用意するもの
    無水エタノール:5ml
    精製水:25ml
    精油(エッセンシャルオイル):6滴
    スプレー容器(ガラス製がgoodです)    
  • 作り方
    スプレー容器に無水エタノールと精油を入れよく混ぜ合わせます。
    よく混ざったのを確認後精製水を加えてまた混ぜます。
    使うときには、精油が分離している場合がありのでよく振ってから使用しましょう。
  • おすすめレシピ
    玄関消臭用:レモン・ペパーミント
    インフルエンザ予防:ティーツリー・ラベンダー
    イライラを鎮静:マージョラム・ラベンダー
    女子力up:ローズ・イランイラン
    熟睡度アップ:ラベンダーカモミール

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional